赤ちゃんの好きな絵本のストーリーの順に這い這いして行く先々でトラブルが発生、
それが結構面白いのです。
間抜けな三人組が写真屋に変装してコットウェル家に入り込み、
赤ちゃんを誘拐して自分たちの隠れ家に連れ込んだ3人。
ノルピー(ジョー・パンテリアーノ)が赤ちゃんの見張りを頼まれていたが絵本を
呼んでいるうちに眠ってしまい。
一人で絵本を捲っていた赤ちゃんは非常階段に鳩が居るのに気づき、
絵本の鳩と同じなので大喜び。
鳩の居る非常階段へ這って行く。
ここから赤ちゃんの冒険が始まります。
エディの首筋に冷たいものが当り、上を見ると赤ちゃんがヨダレを垂らしている。
二人は寝ていたノルピーを叩き起こし急いで屋上に上がるのですが、
既に赤ちゃんは隣のビルへ渡された板の上にいる鳩を追って這い這いしております。
ここでまたエディが痛い思いをする。
落ちるときに掴んだコードに繋がっていたテレビアンテナが外れて落下、
エディのボディを直撃。

コメディだからケガもせず大声で痛えと叫ぶエディだが、現実だったらあの世行きです。
非常階段からおばあさんの部屋に入った赤ちゃん、
宅急便を受け取るために開けたドアから外へ、
絵本に載っている乗合いバスと同じ色のバスを見つけて乗り込む赤ちゃん。
乗合いバスに乗った赤ちゃんは超デブデブ女性が床に置いた買い物カゴの中にちゃっかり入り込んでしまう。
デブデブ女性を追いかけて来た三人と女性が争っているうちに赤ちゃんは買い物カゴから
抜け出してデパートの中へ入って行く。
子供広場から脱げ出したと勘違いされた赤ちゃんは世話役の女性に抱かれて子供広場に
連れて行かれるが、お腹の空いた赤ちゃんは哺乳ビンを見つけて乳母車の下に潜り込む。
哺乳ビンを空っぽにした赤ちゃんは乳母車から降りてデパートの外へ出る。
目の前に停車したタクシーに乗り込み、動物園の近くに停車したタクシーから
這い出してくる赤ちゃん、広い通りを這い這いして横断する。
映画だから可能ですが現実だったら無事に横断なんか出来ないと思います。
動物園の中に入った赤ちゃんはゴリラの檻の中でニコニコしている。
この後、ゴリラを相手に三人がまたしても痛い目に合います。
ゴリラさんとサヨナラをした赤ちゃんは動物園を出て公園の中へ、

公園を通り抜けると高層ビル建設現場。
鉄材の上にドーナッツが置いてあるのに気がついた赤ちゃんはドーナッツを
食べながら鉄材の上にチョコンと座っている。
やがて鉄材はクレーンに引かれて上空へ、それを見つけて追いかける三人に
再び災難が降りかかる。
画面を見ているだけで脚がすくむほどの高さなので出演者の方々は怖かったと思います。
夕方5時に作業終了のサイレンが鳴り、全ての作業は終了して作業員たちは
帰って行きます。
赤ちゃんは這い這いしながら工事現場を後にして退役軍人ホームへ向かいます。
乳母のギルバーティン(シンシア・ニクソン)が赤ちゃんの行動が絵本と同じ順序だと
言うことに気づき、父母とFBI 捜査官たちと一緒に退役軍人ホームへ向かいます。
大勢のお年寄りたちのコーラスに合わせて楽しそうにはしゃいでいる赤ちゃんの所へ
皆さんが到着、無事赤ちゃんはママに抱かれて目出度し目出度しで終わりの筈ですが
未だ映画は終わらないのです。
赤ちゃんの様子を見て絵本を忘れて来たことに気づくのです。
三人の隠れ家の前に着いた一行、「絵本を投げたら手を上げろ」とグリソム・スタッキー捜査官(フレッド・トンプソン)が叫ぶと

エディが窓を開けて絵本を投げ、三人揃って手を上げる。
ママが拾い上げて赤ちゃんに見せると大喜び。
「ぐっすり寝るのよ」とママが声をかけて子供部屋のドアを閉める。
ベッドの上の赤ちゃん本棚から絵本を取り出す.
「赤ちゃんの中国旅行記」と言うタイトル、次回作品はこのタイトルで製作するのかなと思わせるエンディングでした。
とにかく観ていて楽しい作品でした。
小さなお子さんのいる方にはぜひ観て頂きたい作品です。
ここからご記入ください。

今日は朝から元気だったので部屋の掃除ついでにダイニングテーブルの配置換えをしてみました。
うちのがダイニングテーブルは木材で作ったベンチタイプのもので、かなり重い?
動かすだけで一苦労ε=(。・д・。)
ただ、家具を買ったときに床に傷がつかないように床との接触面に100円ショップに売っていた傷防止用のフェルトを貼っておいたので
持ち上げずにスライドさせて移動することができました。
それと...普段は隠れていて見えない床に傷がないかのチェックもこんな時にしちゃいます。
よしよし、フェルトを貼っていた効果があって、傷ついてなかった( ^-゚)v
主婦になって、自分の家の管理をするようになり学んだこと。
家具を置くときは初めに床や壁に傷がつかないように傷防止テープを貼っておく!
これがしてあると掃除なんかでちょっと移動させる時もホント楽。
ダイニングテーブルは今まで部屋の隅にきちきちに詰めていたんだけれど、ライフスタイルが変わってきたので
もう少しスペースを取ってゆとりを持たせてみました。家族が帰ってきて、見た時の反応が楽しみです。
好評だったらこのままの配置で行こうと思います。不評だったらまた元に戻さないと...大変だけれど...
ちょっと配置が変わっただけなのに、なんだか新鮮な気分です。

友達のお子さんにプレゼントするためにケーキ作りをしました。
ケーキは何回か作ったことはありますが、めんどくさがりの私はついつい小麦粉をふるうのを省略してしまったりスポンジは買ってきたものだったり、多少失敗しても食べれば一緒だからとアバウトなものでしたが、今回はプレゼント用なのでレシピ通りきちんと作りました。
まずお菓子作りの材料をキチンと測り、いつもならつい省略してしまう小麦粉もふるい、泡だて器でメレンゲをつくり泡を作らないようにそっと混ぜる。
これだけなのに結構時間も手間もかかりましたが、おかげでふっくらと綺麗なスポンジ生地を完成させることが出来ました。
今回は無謀にもネットで見て可愛かったのとお子さんがダッフィーが大好きなのでダッフィーの立体ケーキに挑戦してみました。
スポンジをクリームでくっつけていくのが、工作をしているみたいで楽しいのですが中々難しくこれダッフィーに見えるのかなと心配しながらも、クリーム塗れば平気平気と言いきさせながらスポンジを組み合わせて完成。
クリームを塗る部分は慎重にダッフィーのぬいぐるみを横において作業してクッキーで耳と目を飾り付け。出来上がりはダッフィーか?ただのクマにしか見えないかもしれないと思いつつ、正直最初からやりなおす気力も時間もないし、これはこれで可愛いからとラッピングしてプレゼントしました。
友達もお子さんも喜んでくれて私も嬉しかったですがダッフィーだとは言われなかったので、やっぱりただのクマにしか見えなかったのかと密かにリベンジを誓いました。

先日、雨の中「世界の昆虫博物展」を見に行ったのですが、久しぶりに見るカブトムシに感動して
しまい自分でも飼うことにしたのです。

 

雨はそんなにひどくなく小ぶりだったのですが、そこにはカブトムシの森がありリフトに乗って
山の上の方にあるカブトムシの森へ行くようになっていてせっかくの山の風景は、真っ白な霧で
何も見えなかったのです。

 

その開催しているところは、いろんな施設がありキャンプ場や温泉、釣り堀、カートなど家族向けの
リゾートパークという感じです。

 

キャンプや日帰りのお客さんも雨の中連休ということもあって結構いたのですが、思っていたよりは
少なかったと思います。

 

夏休みのイベントに大人だけで行ったのですが、カブトムシをたくさん見れるということか大人の
方がはしゃいでいるような子供の頃に取りに行ったり飼ったりしていた昆虫を思い出しとても
楽しい感じです。

 

温泉もキャンプの人や日帰りもできるのでとても便利に利用できてお湯も気持ちよくその日は
とてもすいていたのでゆっくりすることができとてもラッキーだったです。

 

お天気が良ければもっと山の絶景も楽しめたかもしれませんが、そのせいか混雑もなく大人の方が夢中に
なりそうな楽しい一日を過ごせたおすすめのカブトムシ自然観察園、今度は釣り堀をしたり山の
風景を見れるようにまた行きたいです。

 

キャンプもしてみたい、カブトムシは帰りにペット屋さんで買ったのですが、さすがにメスが売り切れ
ていてオスしか買えませんでしたが、今も元気にしています。カブトムシはやっぱり人気がある
ようで他のお店でもメスはほとんど売り切れのようです。

 

今はカブトムシのオスとクワガタのオスとメスがいるのですが、早くカブトムシのメスが欲しい、
今年の夏まで間に合ってほしいのですが、人気がすごいので買えるか心配です。

 

クワガタの幼虫ができたらなぁと楽しみにしている毎日、また昆虫展に行ってすごいめずらしいヘ
ヘラクレスオオカブトムシなど見に行きたいです。

先日の連休は、友達家族と一緒に温泉旅行へ行ってきました。我が家は、夫婦と2歳の息子ひとり。友達家族は、夫婦と1歳の娘ひとり。
午前中から車2台で連なって出発しました。お昼前に、港の近くの市場でお昼ご飯を食べました?。
私は海鮮丼!2000円もしたので大奮発。主人は海鮮天丼を頼みました。大盛りにしてもらって息子と一緒に食べていました。
2歳にもなると、大人と同じものが食べられるので、本当にラクになりました。しかも息子は食事中は席を立たない良い子です!
お昼ご飯を食べたあとは、温泉旅館へ向かいました。途中のコンビニでお酒とおつまみを大量購入ー!!
ビール一箱と、ワイン3本買いました!

 

温泉についてからは、少し休んで、さっそく温泉に向かいました。すごく硫黄のにおいがして、とても体が温まりました。
息子には温泉が熱すぎるので、シャワーだけにしました。とても熱い温泉だったので、子供が入るのは大変かなと思いました。
全員、温泉でポカポカになったあとは、ついにお食事です!今回は奮発してお部屋食にしたので、子供が騒いでも大丈夫。
お膳だったのですが、とても美味しいお刺身やお肉などを頂きました。美味しいお酒もたくさん飲んで、
すごく幸せな一日でした。